代筆

何故か、研究室内では僕のPCからでしか轡田研のHPに繋がりません。
申し遅れました。
ヤングタイガーです。

今回は許可を得て、上田氏の代わりに日記を書きます。
気象予報士の試験に行ったそうです。
上田氏は、「東京に行くときは、普段履いているジャガーのシグマ(中学生とかが通学時に履いているような靴)ではなく、おしゃれな靴を履いていく」と常日頃、呪文のように繰り返していましたが、予想通り、いや期待通りジャガーを履いていってしまったようです。
試験のほうは「手応えは・・・なし。」だそうです。
本日は夜9時ごろ研究室に現れました。
なにやら、試験会場で絶世の美女を発見した模様で、興奮しながら話していました。
ちなみに、現在は「モンスーン」という本を読んでいます。

書くのがメンドーになってきたので、これにて失礼。


ヤングタイガーさんありがとう
どうやら端末室の設定を変が変わった事で
ページが見れなくなったみたいですね~

この日は朝8時出発で家を出て会場の
成蹊大学に12時の到着!
そこでみんな着ている服がオシャレだったので
自分の服を見てみると何時もと同じパーカー
にジャーガーを履いているじゃないですか
恥ずかしや~~~~~~
受験室は部分合格者ごとに分けられていて
僕は専門だけのクラスに分けられ、辛かったです。
でも学科乗り越えてきた連中は以外に若そうな奴も
そろっていると言うことも分かった。

この試験は実技という難関があるせいで
ある程度の知識人でもなかなか合格できないように
されている、今年は特に予報文解読するセンスを
試される形式になっており、
過去にない難しさがあった。
慣れている人には簡単かもしれないけど

まあ、試験の話はこれ位にして他の話も多々
あるもので、まず絶世に美女さんがバスで
隣に座ってきたんですよ、彼女も予報士
試験受けるみたいで同じ受験会場に行ってました!
それだけです、期待しないでください!

あと、新幹線のひかりに初めて乗りました。
早いし、なんか乗っていると浮かんでいる
気分がしました。

そして帰ったら警察に捕まり
よく分からないけど自転車の点検を
受けました、そしていろいろ質問されました
もちろん、愛想良いわけがない、僕も半切れ
ですよ、寒い中一生懸命がんばってきた人間
が訳もなく質問され待たされないといけないんだ
こっちは寒くてしょうがないんだ、ジャガーの靴
を履いている時点で悪い人間じゃないだろ!
そう、頭で思っただけで警察に素直に従った
僕自信に多少泣けてきてしまった!

写真はその日の東京駅での一枚です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です