審査

学会要旨締め切りが近づいてきた
今週は地獄となりそう。

研究の課題は見つかっている。
でも、課題を克服するためには
何の物理量をみて
どのような解析を行い
どこまでの結果を望むのか
計画を立てる事が重要で

今日は自分が考えた案とある程度の結果を持って
先生のもとへ審査をお願いしに行ったところ
2時間近い話し合いになった。

僕の考えた案は、想像した様な結果が
出なかった事から内容をそのまま発表の形にするには
ちょっと難しいみたいだ!

でも決してダメと言うわけではない
他にもいろいろアプローチする部分が増え
仕事量が増してしまった。
要旨間に合うのだろうか?

写真は僕の研究の状態!
先が分からないトンネルに入ってしまった感じ
すごく不安だ~~~~~

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です